男の娘の服はどこで買う?ネット購入と店頭購入のメリットデメリット

男の娘の服アイキャッチ

こんにちは!
ユッキーです(^O^)/

女装をする上で絶対に欠かせないのはメイクとファッションです。

でも、化粧品やレディースの衣類なんてどこで買えばいいのでしょうか?

男性の人が1人で化粧品を買いに行ったりアパレルショップに入るには勇気が入りますよね。

「女装したいけどアイテムはどこで買ったらいいんだろう・・・?」

僕も最初は色々悩みました。

今回は【男の娘の洋服(アイテム)はどうやって購入するか?】このテーマでお話していきますね。

これから女装するアイテムを購入する方は参考にしてみてください(^_^)v

購入はお店かネットで買うかしかありません。

男の娘の上層には女性と同じくらいアイテムが必要になります。

例えば

  • 化粧品
  • 洋服
  • バッグや帽子などのアイテム

などですね。
他にもウィッグ(かつら)、ストッキング、ネイルチップ(付け爪)、つけまつげなども場合によっては必要になることもあると思います。

これらを買うのに男性が1人で化粧品コーナーやレディースのショップに買いに行くには勇気が必要ですね。

僕にはそんな勇気がありません。
頑張っても暗い夜道を女装して歩くので精一杯です(笑)

でも男の娘のアイテムはネットかお店で直接買うしかないのです。
じゃあ、お店で買うのとネットで買うのにはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

次はネット購入と店頭購入のメリットとデメリットについて説明します。

男の娘の服をお店で買う事のメリットとデメリット

衣類をお店で買う時、どんなメリットデメリットがあるのでしょうか。

店頭購入のメリット

服を買う際に重要なのは”サイズ”と”似合うかどうか”だと思います。

特にサイズは重要ですよね。
女性用の洋服はあくまでも女性向けなので、男性のサイズでは作られていません。
同じMサイズでも男性と女性のMサイズでは全く大きさが違います。

似合うかどうかも実際に商品を手に取ることができますので、デザイン、生地の質なども触ることができるので通販で購入するよりも失敗しにくいと思います。

店頭購入のメリットは”洋服選びで失敗しにくい”という点にあるのではないでしょうか。

店頭購入のデメリット

店頭購入のデメリットはズバリ”勇気が必要”という点です。
しかもかなりの勇気が必要です。

1人でお店に行く場合、ほぼ間違いなく店員さんや周りのお客さんの注目を浴びる事になるでしょう。

しかも試着するのはかなりハードルが高く、お店によっては男性の試着はNGの場合がほとんどです(当たり前ですが)

男の娘の服をお店で買う時のポイント

僕は過去に1度だけレディースの服をお店で購入したことがあります。
ネットで探しても見つからなかったので勇気を振り絞って購入しました。
その時に僕が使ったお店や購入の時のポイントを紹介しますので参考になれば幸いです。

おすすめは店内にメンズとレディースの服がある店がおすすめ

ユニクロやしまむらなど、1フロアにメンズ・レディースの服が置いてあるお店は狙い目です。
その理由を3つ説明しますね。

  1. 男性1人でも違和感がない
    メンズ・レディースの服が置いてあるお店は男性が1人で買い物をしてても違和感はありませんし、何気なくレディースコーナーの方に向かっても大して気にされることもないでしょう。
  2. 時間帯によってはじっくり選ぶことができる
    セールでない限り、朝や閉店間際はあまり人がいません。特にしまむらは朝イチや閉店前は人が少ない場合もあります。
    店員さんもお客さんも年齢層の高い方が中心なので結構安心してレディースの服を選ぶ事ができます。
  3. 場合によっては試着もできる!?
    洋服を扱うお店だと、試着室に持ち込める衣類には制限がありますし、ユニクロやGUなどのファストファッション系のお店は試着室専門のスタッフがいるので、女性ものの衣類を持ち込むのは困難です。
    ですがしまむらは試着室に持ち込める点数に制限はありますが基本的にスタッフは常駐していないので、メンズの衣類に紛れてレディースの衣類を持ち込むことが比較的簡単にできるんです。

お会計時のポイント

お店でいざ購入!となると、最後の難関が”レジ”ですね。
男性が女性ものの服をレジに持って行くだけで、必ず店員さんの目に止まります。

ここをうまくパスするための方法は次の2つ。

  1. プレゼント用のラッピングをしてもらう
    彼女へのプレゼントであるかのように、お会計時にラッピングのお願いをすると、店員さんも違和感なく対応してくれる事がほとんどです。
  2. 領収書を発行してもらう
    領収書を発行する事で個人的な買い物ではないというアピールができます。
    領収書の発行をお願いした場合、”宛名”と”品代”はどのように記入するか聞かれますので、宛名の部分に何も書かなくてもOKなお店であれば「宛名は空(から)でいいです」と言えば問題ありません。
    どうしても宛名に記入が必要であれば、適当な会社名や”劇団〇〇”といった感じで、記入してもらえば個人的な買い物ではないという感じになります。
    品代も”衣装代”で記入してもらえば、会社やサークル活動で使うというアピールにもなりますよ。

男の娘の服をネットで買う事のメリットとデメリット

男の娘の多くはネットでレディースの洋服を購入するのではないでしょうか。
ネット購入は手軽にできるのでメリットだけのように思えますが、実はデメリットもあります。

ネット購入のメリット

ネット購入のメリットは何といっても”気兼ねなく洋服が選べる”事ですね。
人の視線を気にする必要が全くないので、お気に入りの洋服が見つかるまでじっくりショップのホームページを見る事ができます。

ネットの場合だとたくさんのショップがあるので、洋服も選び放題なのであなたの好みに合わせたコーディネートがしやすいといったメリットもあります。

ネット購入のデメリット

ネット購入は気軽にできますが、残念ながら”試着ができない”といったデメリットもあります。

ショップによっては一定期間内の返品やサイズ変更がOKのところもありますが、基本的には返品や交換はNGと思っておくのが無難です。
なのでサイズを間違ってしまうと無駄に衣類が増えてしまう事もありますので気をつける必要があります。

また、ブランドによって同じサイズでもサイズが違ってくることもありますので、あれこれいろんなブランドの洋服を買うのではなく、いくつかに絞って置いた方がいいでしょう。

僕は普段はMサイズの洋服を着ているのですが、初めてレディースの洋服を買う時に同じMサイズで買ってしまい、全然着れなかった事があります。
(メルカリで売りましたがw)

男の娘の服をネットで買う時のポイント

ネットで洋服を購入する時、ショップによっては会員登録が必要になる場合があります。

その時に男性の名前で登録してもいいのですが、なんとなく抵抗がありませんか?
レディースのお店の登録情報で男性の名前で登録されていると、運送会社の送り状には男性の名前なのに品名でレディースアイテムが書かれている事があります。
これでは配送した人が「?」と思うかもしれませんね。

そんな時は会員登録の時、名前だけを女性にして登録するといいでしょう。
名字を変えてしまうと郵送できない場合があるので名字の変更はNGですよ。

男の娘の洋服(アイテム)はネットで買うのが無難

僕は以前にしまむらでレディースの洋服を買った事があります。

その時は買い物カゴの底に欲しいレディースのトップスを忍ばせて、その上にメンズの洋服を乗せて試着室に入って試着しました。

そしてお会計の時には領収書の発行をしてもらいました。さらにリアリティーを追求するために、お金は茶封筒から出して支払ったのを覚えてます(笑)
本当にあの時はお店に入ってから出るまで本当にドキドキで今でも忘れません(//∇//)

人によっては「そのスリルが興奮する」という方もいると思うので、スリルを味わいたい方にはお店で購入するのがいいかもしれませんね(笑)

できればあんな思いはしたくないので、男の娘の洋服はやっぱりネットで購入するのが一番ですよ(o^^o)

ネットで衣類を購入する時はサイズに気をつけてくださいね。

洋服に限らず、男の娘になるためのアイテムはほとんどネットで購入する事ができます。
ぜひネットを活用して理想の男の娘をめざしましょうね♪

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ダイエットアイキャッチ

【男の娘向け】スリムな体型を維持するダイエット方法

ヒゲ剃りする男の娘

男の娘の天敵”青ヒゲ”を目立たなくする方法